あおり運転をされる4つの理由

ブログ

毎日のように報道され、みんな危険な行為だと認識しているにも拘わらず、なぜ人はあおり運転をしてしまうのでしょうか。

原因となり得る4つのパターンを考えていきましょう。

 

 

自分が割り込みしてしまった場合

これはあおり運転をされる1番多いパターンかもしれません。

緊張状態が続く車の運転中に無理やり割り込みをされたら誰だってイラっとします。しかも割り込みをされたうえに前をノロノロ走行されたら、怒りが爆発してしまいますよね。

怒りの感情は、冷静な判断をできない状態にするので、後先考えずに危険な行為に及びます。自分もされたのだから報いを受けて当然だと自分を正当化して、悪いことをしているという自覚が全くないのです。

だから相手を怒らせるような無理な割り込みはしてはいけません。

もちろん、あおり運転をする人が最も悪いですが、される側にも少なからず問題があるということです。

 

相手をイラつかせる割り込みの代表例

1.追い越し車線を走行中に右折車が道を塞いでいて、やむを得ず割り込みをした

2.追い越し車線を走行中に車線が減少したので、割り込みをした

3.ウインカーを出さずに割り込みをした

4.信号機のない交差点で優先道路に出る時に割り込みをした

5.駐車場から出る時に割り込みをした

 

上記のことは、よくある例でみなさんも経験があるはずです。

いずれも接触、追突事故が起こる可能性がある危険な行為ですので、あおり運転や交通事故を防ぐ為にも注意しましょう。

車が途切れるまで待てばいいだけの話ですからね。

 

 

相手があおられたと感じた場合

前を走っている車が法定速度より遅いまたは周りの流れに乗っていない場合、すぐに追いついてしまいます。

この時にあまり車間距離をとらずに走行すると、自分はあおっているつもりがなくても、相手からすると「あおられている」と判断されることがよくあります。

普通の人はあおり運転されているなと感じても仕返しをしようなどとは思わないでしょう。

しかし、気性の荒い人やイライラしている人など車はどんな人が運転しているのか分かりません。東名高速であおり運転をした容疑者は別の事件を起こしたとき「人を殴るために生きている」と叫んでいたみたいです。

 

そういう人たちに関わらないためにも、「何か理由があって遅いのだ」と考え、しっかり車間距離をとった方がいいです。

自分が遅いと認知しているプロドライバーさんなんかは、道を譲ってくれることもありますが、普通のドライバーはまずそんなことはしないと思ってください。

 

 

あおり運転をされる人のスピードが遅い場合

正直、明らかに速度が遅い車は、あおられても仕方がないと思います。自覚のある方は運転を控えた方がいいです。

しかしながらそれではお互い嫌な思いをするので、法定速度より遅く走る人の気持ちを考えてあげましょう。
もしこんな理由があるとしたらどうですか。

 

・運転に自信がないがやむを得ない事情があり運転している
・初めて通る道で土地勘がなく不安
・壊れやすい荷物を積んでいる
・走行中に体調が悪くなった
・車両の異変を感じて、安全な場所に停めるまで運転している
実際は違っていたとしても上記のように考えるだけで、イライラが少しは収まると思います。

また、自分が法定速度で走っていても、相手が寝坊して焦っていた時など「ちんたら走ってんじゃね~」って感じであおってくる人もよくいますよね。

あおられたからといって自分が速度を上げる必要はありません。もし、急接近されたりクラクションを鳴らされたりしたら、腹が立ちますが可能であれば減速して左によってあげた方がいいです。

相手が悪いのは明らかです。

でも、不要なトラブルをさけるには大人になって自分が折れるしかありません。

 

高速道路でたまに見かけますが、追い越し車線をずっと走っている人がいます。しかもそういう人に限ってのんびり走っていたりします。これは100%あおられますよ。

追い越し車線は前の車を追い越すためにある車線なので、追い越したらしっかり車間距離をとって速やかに走行車線に戻らないといけません。

「通行帯違反」といって高速道路の取締り件数で2番目に多いらしいので気をつけてくださいね。それと、追い越されたら腹が立つという気持ちも分からなくはないですが、速度を上げ追越を妨害してもいけません。大事故に繋がります。

 

 

ただの嫌がらせの場合

これはそんなにないパターンだと思われますが……

私自身ものすごく怖い思いをした事があります。

10年ほど前に400ccの中型バイクを乗っていた時ですが、田舎の祖母のところに遊びに行ってその帰りの峠道であおられました。

法定速度で走っていると後ろから黒のセダンがやってきて、2~3メートルの間隔くらいまで距離を縮められあおってきたので、私は「スピードが遅いのかな」と思い少しだけ速度を上げたんです。

ところがすぐに追いつかれたため、怖くなって路肩に停車しました。

すると……その車もスーッと停車。

まあ偶然だろうと自分に思い込ませて、気にせずに10分くらい休憩してからバイクを走らせたのですが、全く同じタイミングでその車も動き出しました。

 

なんと!!!! 再びあおってきたんです!!!!

 

心臓がドキドキしてきて恐怖でどうしたらいいのか分からず、しばらく走ってからまた停車すると、何事もなかったかのように走り去っていきました。

信じられませんが世の中にはこんな人間もいるんです。

まだ10代の血気盛んな時でしたから、まんまと挑発に乗っていたらたぶん事故っていたでしょう。振り返ってみると冷静な判断をした自分を褒めてあげたいですね。(笑)

 

みなさんも危険な運転をする人たちに遭遇した時は、落ち着いて対処して、ドライブレコーダーで撮った証拠があればすぐに警察に通報してください。

ドライブレコーダーには後方カメラもあります。

さすがにバイクに付けている人はまだまだ少ないので、私のような怖い思いをした人は泣き寝入りですが……

 

 

まとめ

いかがでしたしょうか。

上記の4つの理由で、あおり運転をする人の心理、あおられる側にも少なからず問題があるとお分かりいただけたと思います。

いろいろ考えていると車の運転は極力避けた方がいいと結論が出ますが、田舎は車が無いと生活できませんからまあ仕方がないですね。

とにかく危険な車には近づかず、相手にしてはいけません。

万が一不法行為を受けてしまった場合でも、毅然とした態度で対処してドライブレコーダーなどで必ず証拠を残すようにしましょう。

 

車のハンドルを握ると性格が変わる人、寝坊して焦っている人、運転技術のない人、運転が上手いと勘違いしている人など、ありとあらゆる人間が車を運転しているわけですから、いつ事故が起きてもおかしくありません。

現実に日本だけで年間約50万件の交通事故が発生していて、その内の約4,000人の方が亡くなっています。日本は年々減少しておりますが、世界では年間約135万人が交通事故で亡くなっており、秒に直すと24秒に1人。

恐ろしいほどの人数です。

自動車は日々進化していて、ちょっと前のものと比べても全然性能が違います。

操作も簡単になってきているので、危険な物を動かしているという感覚が段々薄れてきているのだと思います。

 

何トンもある鉄の塊を動かしていることを忘れてはいけません。

当たり所が悪ければ簡単に命が奪われます。

交通事故で大切な人を失うほど虚しいことはないですよ。