株価暴落!ウェルスナビ実績公開

ブログ

今年の大納会はギリギリ20,000円台を維持したものの、2012年以降、初めて1年間を通じて株価が下落しました。

例年通りなら年末は上がる傾向なのに、株価が大荒れしております。クリスマスの25日には1年8カ月ぶりに19,000円台まで下がりました。1日で1,000円以上の下落です。

 

当然のことながら私が投資している、「ウェルスナビ」も大損失!!
う~ん、ここまで下がると気が滅入りますわ。

下のポートフォリオを見ていただければ分かりますが、非常にやばい状況です。

 

 

2カ月前から始め、現在310万円をウェルスナビで運用しておりまして、ここ最近の続落で14万円の含み損。「金」以外は全てマイナスです。25日の暴落時は、確か23万円くらいのマイナスでしたから、これでも少し回復した方です。何というか始めた時期が悪かったのかもしれません。

 

 

そもそもウェルスナビを始めた理由

私がウェルスナビを始めた理由は、ズバリ……
預金にうんざりしたからです。だって普通預金の金利なんか、だいたいどこの銀行も0.001%ですよ。定期預金でも0.02%くらいですから、100万円預けたとしたらたったの200円ぽっち。

こんなんじゃ、おにぎり2個分くらいにしかなりませんし、振込手数料で吹き飛んでしまいます。それなら多少リスクを冒してでも、投資した方がいいと思い、資産運用の方法をいろいろ調べていたところ、ウェルスナビにたどり着いたのです。この世の中何もしない人間より、リスクを取っていく人の方が最終的に勝ちます。(無謀な行為とは違いますよ)

 

ウェルスナビは、AIが自動で運用してくれるということもあり、最初は「新手の詐欺じゃないのか」と半信半疑でした。ですが、既に多くの人が使っていて実績も公開されていたので、ブログやwebサイトを読み漁っていると、信用できる会社がやっているんだなと確信しました。

代表取締役CEOである柴山さんの誠実な経営理念、役員の顔写真が載っているのも好感が持てます。何より、柴山さん自身が運用実績を公開しているのが大きいですね。

 

 

入金したタイミング

実際に使っている方のブログを見ていると、「入金は早ければ早い方がいい」という意見を度々見かけたのですが、なかなか踏ん切りがつかず、少し様子を見ていました。

なんとそれが大正解で、毎日株価のチェックをしていたら、915円も反落した日(10月11日)があったんです。株は安い時に買わなければというのが頭にあったので、ここぞとばかりに200万円入金しました。

ですが、それは正解ではなく失敗だったのです。入金したはいいものの、来る日も来る日も続落で、一向にプラスになりません。一時、5万円くらいプラスになった日があり、そのタイミングで売っていれば良かったのですが、まさかこんなに下がるとは想像もしませんでした。たぶんその頃は、始めたばかりで耐性がついておらず、顔が青ざめていたかもしれません。

 

そしてクリスマスの日に追い打ちをかけられました……
直感で、もうここが底だと判断し、さらに100万円入金して現在に至ります。ちなみに毎月5万円の積立もしているため、合計で310万円となっております。もっと下がれば最悪な事態になりますが、仕方がありません。

それも勉強のうちですね。年始に期待したいと思います。

 

 

長期投資は一喜一憂しない

さすがに数十万円マイナスだとショックですが、ウェルスナビみたいな長期投資は上昇や下落で一喜一憂しないことが鉄則みたいですね。一番やってはいけないことは損切で、株価の暴落に精神が耐えられずに狼狽売りしてしまったら、損が確定します。いくら含み損が出ていても、売らずに持っていれば損はしないのです。

今のところ世界経済は、年が進むにつれ成長しており、一時的に暴落したとしてもいずれ戻ります。そのため、10年、20年の長期間、淡々と持ち続けなければなりません。

暴落しても回復しなかったら終わりですけどね……
私は、「人口も増えとるし大丈夫やろ」って感じで気楽にやっています。別に全部消えて無くなっても死にはしませんし。

 

長期投資の3つのポイント!
 1.投資先を分散する
 2.「成長する」と期待できる先に投資する
 3.淡々と持ち続ける

 

ウェルスナビでは上記の3つのポイントを守るように勧めています。

来年の2019年は、世界恐慌が来るだとか、リーマンショック級の大暴落が起きるだとかいろいろ言われておりますが、そんなことは誰にも分かりません。もちろん、米中関係の悪化や中国経済の失速、日本では消費増税など様々な懸念材料がありますから、様子を見ながら投資することは大事だと思います。

少しでも資産を増やしたい方は、身の丈に合った資産運用にどんどんチャレンジしてみてはいかがでしょうか。私は、しばらくは続けていきたいと考えています。

※投資は元本割れのリスクもありますので自己責任でお願いします。