超簡単!エックスサーバーで301リダイレクトする方法

IT

エックスサーバーを利用している方なら、301リダイレクトの設定は本当に簡単です。

301リダイレクトでよく聞く「.htaccessファイル」の編集も必要ありませんので、手順通りにやれば初心者でもできます。

まずは301リダイレクトや302リダイレクトの説明をしたいと思います。

 

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、恒久的にサイトやページのURLを転送するという意味で使われているIT用語です。

例えて言うと、旧住所宛の郵便物を新住所に転送してくれる郵便サービスみたいな感じ。ネット上のことなので実際はもっと複雑ですが……

設定方法はその人の状況によって異なりますが、主にドメイン変更やサイトの移転の時などによく行われますので、知っておいて損はないかなと思います。

ドメインって意外と最初のころは適当に付けがちですから、気が変わったり方向性が変わったりして変更するなんてことはよくあることです。

 

【302リダイレクトとの違い】

301リダイレクトは恒久的ですが、302リダイレクトは一時的に転送します。

 

たとえば、リダイレクト元ページを「A」、リダイレクト先ページを「Z」としましょう。

<301>今後は「Z」を使うようにと指示を送り、検索エンジンは「Z」をインデックスします。

<302>常に「A」をリダイレクトするとは限らないため、検索エンジンは「A」をインデックスします。

ページランクは双方受け渡しますので、大きな違いはインデックスの違いです。

302リダイレクトは、なんとなく1人暮らしをしてみたくて隣町に引っ越したものの、寂しくなってすぐ実家に戻るかもしれないから、住所変更していないような状態です。当然ながら、住所は実家なので免許証の更新ができなかったり選挙権を行使できなかったりと、いろいろ制限されます。

 

【302の用途】

・一時的なサイトのメンテナンス時
・サーバーに何らかのトラブルが起きた時
・モバイル用ページに転送させる時

 

301リダイレクトのデメリット

リダイレクトをするとページランクを約10~15%失うと言われています。つまり完全には引き継いでくれず、アクセス数も下げることになります。

私は30記事程度の状態でリダイレクトしたので、まだそれほどアクセス数もなく特に被害はなかったですが、やはりPV数はかなり減りました。

 

きじとら君
きじとら君

なんとリダイレクト前の半分以下に……

でも1週間でほぼ戻ったので助かりました。

サイト運営が長い中規模、大規模サイトの移転となると結構被害を受けると思いますので、リダイレクトをする時は覚悟をしておいた方がいいかもしれません。

また、リダイレクトは悪い評価も引き継ぎます。

ですから悪い評価を受けたサイトをどうにかしたいのであれば、301リダイレクトをするのではなく、おとなしく閉鎖して新たに作り直す方が賢明でしょう。

ページ単位でペナルティを受けている場合は、そのページをリダイレクトしないか、削除すればいいと思います。

 

エックスサーバーで301リダイレクトする方法

お待たせしました。さっそく手順を解説します。

まずはエックスサーバートップページからサーバーパネルにログインします。

エックスサーバートップページ

 

「ログイン→サーバーパネル」を選択し、IDとパスワードを入力後ログインをクリックしましょう。

※サーバーID、サーバーパスワードは契約時に送られてきたメールに記載されています。

 

ホームページカテゴリーの「サイト転送設定」をクリックします。

 

 

ドメイン設定画面から、リダイレクトを設定するドメイン(リダイレクト元)を選択します。

 

 

①「リダイレクト設定追加」をクリック

②リダイレクト元をタブから選択 ※スラッシュ(/)以降があれば入力します。

③リダイレクト先を入力 ※例:「https://kijitorablog.com/」

④「確認画面へ進む」をクリック

 

きじとら君
きじとら君

以上で設定完了です。お疲れさまでした!

 

【ちゃんとリダイレクトされているか確認するには】

リダイレクトは「ABASHI」さんのリダイレクトチェッカーで確認することができます。

リダイレクト元のURLを入力して「チェックする」をクリックすると、URLやステータスが記載された表が出てきます。

リダイレクト元のステータスが「301」、リダイレクト先が「200」になっていれば無事にリダイレクトされたということになります。

「200」とは正常を意味しています。これが「404」ならページが存在していないことを意味し「503」ならサーバーがアクセス数の上限を超えてしまっている状態、つまり混みあっていることを意味します。

念のため、リダイレクトされているかどうか確認してみましょう!

 

WordPressの管理画面にログインできない時の対処法

様々な原因で新サイトの管理画面にログインできないことがあります。新サイトのIDとパスワードは絶対間違っていないはずなのに、前サイト管理画面に入ってしまうのです。

いろいろ調べても原因が分からず、1時間くらい悩んでいたところついに原因が分かり、私の場合はURLを変えただけでログインできました。

私のような状態に陥る人も少なからずいると思いますので、参考になるかどうか分かりませんが、対処法を載せておきます。

 

http(s)://○○○/wp-login.php
http(s)://○○○/wp-admin/index.php

 

サイトアドレスの赤ライン部分を上記の2つのどちらかに変更してみて下さい。これで解決しない場合は、原因と対処法を調べて1つずつ試していくしかありません。

 

リダイレクト時の注意点

【適したページにリダイレクトをかける】

それぞれのページを全てトップページなどに転送してはいけません。ページランクを下げられてしまう可能性があります。

必ず「A」から「A」、「B」から「B」というように適したページにリダイレクトをかけます。

また内容の異なるページに飛ばすのもよくありません。

 

【ページは全てリダイレクトする】

これはよくやりがちだと思いますが、前サイトの全てを新サイトにリダイレクトしないとサイトの評価が下がってしまいます。

リダイレクト後、新サイトで「そういえばこのページあまり見られてなかったな」と削除してしまうと、転送先のページがない為、前サイトのページを訪問した人にエラー表示がでますからSEO的によくないということです。

では、あまり見られたくないページをどうするべきか。

簡単な対応策としては、それは記事をリライトして改善するか、リダイレクト前に予め記事や画像を削除しておくかのどちらかがいいと思います。

 

【リダイレクト元サイトは一定期間削除しない】

インデックスが完全に置き換わる前にサイトを削除してしまうと、新サイトに誘導することができなくなりますから、一定期間(半年~1年間)は削除するべきではありません。

しかしながら、前サイトの被リンクをたくさん貼られている方は、できるだけ長く残しておいた方がいいでしょう。せっかくの訪問者を取りこぼすことになってしまいますからね。

 

IT
kijitoraをフォローする
きじとらblog