高齢ドライバーは事故を起こすものと考えた方がいい!どう対策するべきか?

ブログ

先日、本当に痛ましい事故が起きてしまいました。

87歳の運転手が交通事故を引き起こし母子2人を死亡させてしまい、8人の負傷者を出しました。なんと最高で時速120kmものスピードを出しており、妻も同乗していたらしいです。

 

驚愕したのは、事故後息子に「アクセルが戻らなくなり人をいっぱいひいちゃった」と電話したようです。それよりも救急車を呼ぶのと救護が先でしょ……それに「いっぱいひいちゃった」っていったいどういう神経をしているのかと思いました。

 

本人はアクセルが戻らなくなったと言っておりますが、警視庁の調べでは車に不具合は確認されておらず、現場にブレーキ痕はなかったそうです。恐らく、気が動転してアクセルとブレーキを踏み間違えたのでしょう。

ニュースによると事故を起こした高齢ドライバーは、普段から杖を使っておりヨチヨチ歩きで、車庫入れもまともにできていなかったらしいです。

 

さすがにそんな状態だと家族が免許証を取り上げて、運転をやめるよう説得するレベルだと思います。ってか87歳の運転なんか中学生がしてるのとそんなに変わらないでしょう。もちろん人にもよりますが。

若年者には制限をかけているのに、高齢者に制限をかけないのは理解が出来ません。こんなことを言うと「偏見だ」「差別だ」と言われそうですが、もう80歳以上の人は免許取り消しにして、運転できないようにした方がいいと思います。

 

実際につい最近、危険な運転をしている80歳くらいのおばあさんを目撃しましたよ。私が片側二車線(国道)の追い越し車線を走っているとそのおばあちゃんは、走行車線を逆走していました。私も周りの車もそれに気づきスピードを落としたので事故は起きませんでしたが、一歩間違えれば大事故に繋がりますし、これが高速道路だったらと思うとゾッとします。

また、急に割り込みしてくる車も高齢者マークを貼っている確率が高いです。年齢的に視野が狭く、注意力も散漫になるのでしょうから仕方がありません。誰でも年を取ればそうなります。

 

しかしながら、都市部に住んでいる人なら電車やバスなどの公共交通が整っているため、車が無くても生活が出来ないという事はないと思いますが、田舎に住んでいる人は車が無いと生活が出来ません。

だから自治体によって、免許を取り消すかどうか判断した方がいいと思います。田舎だと都市部に比べて事故が起きる確率も低いので、いいのではないでしょうか。税金使って、タクシー等を乗り放題にするのも現実的じゃないですしね。

 

将来的に自動運転技術が進んで、運転技術が未熟な人が乗っても事故が起こりにくいようなシステムにすればいいですが、高齢者全員がその車を買えるのかといったらそうではないと思います。

だから法改正も重要ですが、高齢者の運転が少しでも不安に感じたら周りの人がしっかり説得して、運転をやめてもらうようにするしかありません。

 

母子2人を亡くした旦那さんの会見を見て胸が痛くなりました。昨日まで一緒に暮らしていた妻と子供が突然いなくなるなんて、想像を絶する悲しみだと思います。本当に絶望ですよ。残された人は誰でも生きる価値を見失います。

 

でも旦那さんは、今後このような事故で苦しむ人が少しでも減るようにと、苦渋の決断で会見に出席し、妻と子供の画像を公開しました。私が同じ立場ならできません。

どう言えばいいか分かりませんが、本当に勇気のある方です。この勇気ある行動を見過ごしてはいけません。ご遺族が賛成ならば運転免許の講習の際に、記者会見の映像を流してもいいと私は思います。事故の映像より心に突き刺さりますよ。

 

あの会見を見て何も感じない人は運転をするべきではありません。会見の映像を観ずともドライバー全員が、運転前にあの事故のことを思い出せば少しは事故が減るのではないでしょうか。