松山市に水族館を建ててもたぶん失敗すると思う【建設予定地の利用法】

地方創生

またまた、松山市の水族館建設計画についての記事です。

前回の記事では、水族館を建設する前提で問題点やどのような施設にすればいいか、ざっくりと書きましたが、やはりあの場所に建てるのはかなり無理があるように思います。

 

前記事↓

松山市の水族館建設計画について考える【問題点】
どうやら松山市中心部に水族館が建設されるみたいですね。 伊予鉄道、伊予銀行、フジ、三浦工業などの愛媛のトップ経済人らが参加した発起人会では、道後温泉本館の耐震補強工事に伴い観光客の減少を最小限に抑えるため、2019年度内に基本構想をま...

 

2019年度内に基本構想案が出るようですから、トントンと計画が進む前に異議を唱えておくのと、水族館建設予定地の別の利用法を考えていきたいと思います。

 

失敗すると思う理由

失敗すると思う理由を3つ挙げたいと思います。

とにかく場所が悪い

たくさんの人に来てもらいたいのなら、ある程度の規模は必要なわけで、どう考えたって敷地面積が狭いんですよね。

仮に大型の施設を建てたとしても、幹線道路と閑静な住宅街に挟まれた土地なためロケーションがいいわけでもなく……ワクワクする要素が全くありません。

 

やっぱり海沿いにある水族館の方がテンション上がりますし、何より合理性があります。どんなに立派な施設を建ててもロケーションが悪ければ最悪ですよね。

どうしても松山に欲しいのなら、梅津寺駅周辺の一択なのですが……あそこのロケーションは瀬戸内の海岸の中でもかなりいい方だと思いますよ。映画のロケ地に選ばれるくらいですから、少なくても悪くはないでしょう。

 

だいたい県民文化会館前のあの土地に、大勢の人が行き来するようになれば県庁方面の渋滞が酷くなりそうです。松山東署の前の道路なんか普段でも、県庁方面へ行く右折車が追い越し車線にはみ出して道を塞いでいる状況なので、絶対渋滞します。

だから、渋滞対策も取らないと近隣住民や、仕事のためやむを得ず通らなければならない人は迷惑でしょう。近くに松山赤十字病院もあるので緊急車両も通ります。

 

また、建設予定地付近の住民たちも反対しそうです。水族館ですから動物の鳴き声や臭いは少なからず出ると思います。

今はどうなっているのか分かりませんが、数年前あの辺りにマンションを建てる計画が浮上した時、住民が猛反対したという記事を見たことがあります。画像にはものすごい数の「建設反対」の幟が立っていました。

 

どうも街の景観や工事中の騒音、子供もよく通る道なので安全性の問題があるということで、反対したようです。

松山は開発計画が上がると決まって、近隣住民が反対しますからね。今回もそんな感じで、いい計画が出ても中止になるか縮小するんじゃないでしょうかね。

 

別に開発を邪魔する住民のことを悪く言っているのではありませんよ。私の家の目の前にも、とんでもないものが建っており、騒音、ポイ捨て、光害などで困っているので、彼らの気持ちは痛いほどよく分かります。ほんと、役場もよく許可を出したなという感じです。

だから近隣住民に配慮することも時には必要。たとえば、あなたが眺望が気に入って15階建てのマンションの最上階を買ったとして、数年後、目の前の南側に50階建ての高層マンションが建ったら嫌でしょう。

建物に遮られて、眺望はおろか光も以前のようには入ってきませんし資産価値も下がるかもしれません。普通にムカついて反対したくなると思います。

 

水族館=地域活性化になるというのは間違い

水族館を建てたがっている方々って何か勘違いしているんですよね。

以下は、愛媛経済同友会が水族館建設について松山市長に宛てた要望書を一部抜粋したもの。

えひめ国体終了後には、道後温泉本館の改修が 予定されており、「本館完全閉館の場合、約 594 億円の損失」との松山市道後温泉 活性化計画審議会から答申がなされるなど、道後地区のみならず松山市、ひいては 愛媛・四国全体の入込観光客の減少が危惧されております。

この本館改修も見据えて松山市におかれましては、温泉とアートを組み合わせた 新たなイベントとして道後オンセナートや「椿の湯」新館建設に向けた取組みなど、 様々な活性化策を講じられておりますが、予測される経済損失は莫大なものがあり、 さらには雇用への甚大な影響も懸念されることから、地域の活性化や魅力向上につ ながる新たな、象徴的な施設が必要であります。

我々はその施設について、多くの世代から親しまれ、国内外からの誘客も大いに 期待できる「水族館」が最も効果的であると考えております

要約すると、道後温泉本館の改修中は観光客が減るから、それの対策として水族館を建てようというものです。

きじとら君
きじとら君

なんじゃそりゃ。

まぁ分かりますよ。確かに成功すれば地域活性化に繋がり、改修工事による観光客の減少も抑えられると思います。

 

しかしながら、水族館で利益を出すのは難しいと聞きます。利益が出なければ、地域活性化にはほど遠いです。むしろ負の遺産ですわ。適当に経営して、やばくなったら補助金を当てにしようとでも考えているのでしょうか。

しかも今回の計画はたくさんの地元企業が絡んでいる為、うまく話がまとまるのか、経営が上手くいかなくなったら責任転嫁はしないだろうかと心配してしまいます。

 

というか、道後温泉本館に頼りすぎですし、観光客の減少を食い止めるためには、水族館を立てなければならないというものでもないでしょう。

本館が工事中で観光客が減るのなら、そのエリアはそれ以外に魅力がないということです。当然ですね。温泉街なのにビルが立ち並び風情の欠片もないのですから。

 

何とか戦前の道後温泉街の雰囲気に戻らないものかと思います。昔の写真を見る限りでは、風情があり、全国の名だたる温泉地と比べても遜色ありません。

歴史的な建物は少なくなってしまいましたが、本館の雰囲気と今の時代に合ったものを新たに建てることは可能だと思います。

 

もうアーケード街はどうしようもないので、上人坂周辺の整備を早急にするべきです。現状は道が狭い上に建物が悪い意味で古く、荒廃感が否めません。

要するに力を注ぐ場所が間違っているのです。

 

そもそも日本は世界一の水族館王国

水族館の定義は曖昧ですが、日本の水族館数は100前後で、世界全体を見ると約400の水族館があると言われています。

おおよそ4分の1が日本に集中しているということなので、いかに日本に水族館数が多いかがお分かりいただけると思います。

 

なぜ日本に多いのかと言うと、周りを海に囲まれている島国で魚をよく食べる国民性だからだそうです。お魚に親しみがあるということですかね。

日本の海岸線の距離は、29,751km(世界6位)なので当然のことなのかもしれません。また、飼育員の能力や水槽のアクリル板、ろ過装置などの技術が優れているという点もあります。

 

そんな水族館王国の日本ですから、全国各地に大小さまざま施設があります。当然ながらライバルが多く、差別化を図るのが難しいです。あえて松山の中心部に建設する意味ってあるのでしょうか。

2020年3月にオープンする「四国水族館」に対抗しているのか、何としてでも水族館を建設したいと思っているところからの、圧力があるのか何のか分かりませんけれども、もう一度本当に必要かどうか考えていただきたいものです。

 

水族館建設予定地の別の利用法

現状のように、青空駐車場はさすがにもったいないので、水族館以外に建てるとなればどのようなものがいいか私は2つの案を考えました。

ちなみにどの案も立体駐車場は必要だと思います。

オフィスビルを建てる

地域活性化の有効な対策として企業を誘致することはとても有効です。自治体は税収が増えますし、居住人口が増えることで、近隣商業施設での消費も拡大します。するとお店の売上も上がりますから好循環が生まれる訳ですね。

松山市は学生も多いので、魅力的な企業を誘致すると地元に残ってくれる若者も増えると思います。

誘致するのはIT企業がいいと思います。なぜなら、IT企業は利益率が高い傾向にあるので、倒産しにくいからです。利益率が悪く、赤字になるような企業に来てもらっても意味がありません。

 

ただ、IT企業は離職率が高いため、自由な勤務体制で副業を認めている会社がいいのではないでしょうか。高い利益率で儲かっていて、従業員も会社で働くことが楽しいと思える会社が理想的です。

温泉も近く、路面電車の停留所が目の前にありますからそれを売りにして、福岡市のように地方自治体でも法人税の優遇処置を講じれば、集まってくれると思うんですけどね。

また、ビルの屋上でも隣でもいいので庭園を設けて、従業員の憩いの場を作ることも大切です。水族館を建てるのには狭いですが、松山の中心部にあれ程の敷地面積は残っておらず、庭園付きの先進的なオフィスビルを建てる条件は十分整っています。

 

ホテルを建てる

ホテルもいいですね。

市内中心部と道後のちょうど間にあり、ビジネス・観光の両面で需要があると思います。それに県民文化会館前なので、学会、コンサート、各種イベントなどの際にも重宝されるのではないでしょうか。

愛媛県県民文化会館は、丹下健三氏が設計した西日本で最大の多目的ホールです。この巨大な施設の近くにホテルがないのはむしろ残念なことですね。

 

ルートインホテルが、2020年10月に松山で200室のホテルを建設する計画を立てており、この機会に交渉してみるのもアリだと思います。

既にホテルの建設地が決まっているかもしれませんが……まだ発表されていないので現時点では分かりません。

 

最後に

愛媛県民や松山市民のみなさんはどう考えますか?

水族館が好きな人は、地元ならどこにできても嬉しいでしょうし、嫌いまたは建設に反対の人なら「そんなものはいらない」と思うかもしれません。

 

どっちでもいいという無関心な反応が一番ダメです。

政治もそうですが、多くの住民が街づくりに無関心であれば、その地域はカオス状態になりやがて衰退します。民間主導の開発が進まない地方都市は特に。

収益が見込めない施設で、無秩序な都市開発ほど街を衰退させるものはありません。

 

地方創生
kijitoraをフォローする
きじとらblog